ルール・準備

【20卒】エントリーシートはいつから、どう準備すべき?

2018/12/08

こんな内容です

エントリーシートってのを提出しないといけないらしいけど…それっていつごろ?準備しないといけないことってあるの?
このページで解決すること
 エントリーシートの提出期限
 エントリーシートを書くためにすべきこと

エントリーシートの提出は、3月・4月がおおい

エントリーシートの提出は、3年生の3月から4月までに行われることが多いです。締切は企業ごとに違うので、締切期限はしっかりと確認しましょう。

外資系やベンチャーのエントリーシート提出は、10月頃からです。こういった企業をうける人は、日程を確認するようにしましょう。

エントリーとプレエントリーもお忘れなく

エントリーシートの情報を手に入れるためには、エントリーをしておく必要があります。エントリーとは、『あなたの企業に興味を持っているので、選考についての情報を教えてください』という意思表明です。エントリーをすると、企業からエントリーシートの情報が来ます。プレエントリーとは、企業がエントリーを開始するまでの前段階です。

3月から準備は遅い、3月までに準備!

エントリーシートの準備を3月から行うと、高確率で自滅します。具体像を湧かすため、『よくあるエントリーシートの質問項目』をみてみましょう。

 学生時代に一番力を入れたこと(400文字)
 ○○(企業名)で実現したいこと(400文字)
 自己PRポイントについて(200文字)

普通に難しいです。例えば、『学生時代に一番力をいれたこと』を書くだけでも、1.学生時代に打ち込んだことはあるか、2.その出来事により何か自分が変化したか理解しているか、3.それを分かりやすく、かつ文字数をまもって伝えられる文章能力があるか、の3つの壁を超えないといけません。

早い時期から、実際のエントリーシートをみて(ネットにいくらでも落ちています)、どれくらいの準備時間が必要か、考えなければいけません。

エントリーシートの準備

エントリーシートをかくために必要なものは、最低でも3つあります。

 エントリーシートで使うネタ
 ネタを分析する力
 文章力

これを踏まえて、エントリーシートで準備すべきことをまとめてみました。

ネタづくり(充実した学生生活をおくる)

火のないところには煙をたたせようがありません。ネタづくりの種類を、難易度が低い順で並べました。

 学内行事・学業に真剣に取り組む
 サークル・バイトで精一杯がんばる
 (教授や友人の)ツテで、学外イベントに参加

ネタづくり中に意識することは、『目的意識をもって真剣に活動をすること』です。『なぜ自分はその活動をして、どのように取り組んで、結果どうなったか』と具体的にかけれるようになるとベストです(それに、その方が面白いです)。

自己分析

エントリーシートでは、ネタを題材に、自分をアピールすることが求められます。つまり、大事なのは『なにをしたか(行動)』でなく、『行動から見られる、あなた自信の売りポイントや特徴』です。

自己分析の方法について書いた記事があります。よければ参考にしてください。

エントリーシートの添削指導をうける

ここをないがしろにしたら非常に勿体無いです。料理する材料があっても、それを上手く調理する腕がなければ、全てパーです。エントリーシートの原型ができたら、キャリアセンターや教授など、文章能力やモノを伝えることが得意な人に、添削指導をしてもらいましょう。

添削する人によって、得意不得意や相性があるので、色々な人に見てもらうことをおすすめします。

エントリーシート以外の対策も並行して行う

『エントリーシートの対策終わった!万事オッケー!就活の準備終了!』というわけにはいきません。エントリーシート提出が終わると、すぐに筆記試験、面接等の採用試験ラッシュが押し寄せます。

エントリーシートの対策と並行して、面接やグループディスカッション対策もするようにしましょう。

  Sumarry of content

・提出は3月~4月から
・エントリーシートを書くためには『ネタ』『ネタ分析』『文章化する力』が必要
・エントリーシート以外の対策も忘れずに

complete!TOPページへ

-ルール・準備

Copyright© az-shukatsu , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.