ルール・準備

就活で使う証明写真、おすすめってある?/データ/写真館/スマホで撮る

2018/10/23

 


こんな人は読んでみて

就活の証明写真って、どんな場所で撮ればいいんだろう?スマホで撮った友達もいるし、1万円くらいで写真館で撮ってもらった友達もいるし…

このページの内容  

  • :写真館で取る方法がおすすめ
  • :急ぎの場合の方法を紹介
  • :証明写真のデータはあったほうがいい 

就活の証明写真の使用用途

ESや履歴書で使います。ESはデータの証明写真を使い、履歴書では、現物の証明写真を使います。履歴書は、選考序盤で提出することが少ないので、まずは10枚ほど現物を用意しておけば安心でしょう。

おすすめの撮り方ってある?

証明写真の取り方は、1.スマホでとる、2.写真館で撮る、3.スーパー等にある証明写真機でとる。の3択です。

おすすめなのは、写真館で取る方法。ほかの方法よりも値段が高いですが、髪の乱れや顔の向きを修正してくれますし、画質もあらくないのでオススメです。

値段が2000円から1万円とブレがありますが、どういうオプションをつけるかどうかの違いです。(ヘアメイク付きだと5000円、ヘアセット+メイク付きで1万円など)

アナウンサー等特別な仕事を希望しないかぎり、2000円から3000円クラスのもので問題ないと思います。

 

時間がない時は、スマホか写真機で準備しよう。

スマホ撮影
写真撮影用:履歴書カメラ(iPhone)証明写真アプリ(Android)
コンビニ印刷用:netprint(iPhoneAndroid)

証明写真機
設置場所検索(株式会社DNPフォトイメージングジャパン)、証明写真ボックス設置場所検索(富士フイルム)

 

写真館で撮る場合のおすすめオプション

データ付き

ネット上で証明写真の提出を求められる場合が多いです。そのため、証明写真のデータをCDやメールでもらえるオプションは必須ですし、データがあれば、焼き増しをすることができます。

写真撮影+写真数枚+データ付きで2000円ほどです。

顔の修正

「今日に限ってクマが酷い…」「目が腫れててまずい…」という人におすすめのオプション。

PhotoShopで顔の修正をしてくれる写真館もあります。通常料金より+500~1000円ほど。

過度な加工は、証明写真には向かないよ。あくまで本人確認のためのものだからね。

その他値段相場:焼き増し(一枚/300~500円)、

-ルール・準備

Copyright© az-shukatsu , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.