踏み込んだこと

否定系クラッシャーが苦手?議論の下地づくりをすれば対策できるよ

2018/09/05

こんな人は読んでみて

ヒテイケイクラッシャー、オレ、キライ。オレ、ニガテ。
このページの内容
 否定系クラッシャーの特徴
 対策法

否定系クラッシャーの特徴

 ストレートな表現で否定をする
 影響力が高い(クラッシャーに流されやすい)
 発言力が強い人と弱い人と相性が悪い

この条件が全て揃うガッチガチの否定系クラッシャーは少ないですが、否定系クラッシャーの素質がある人は、結構います。否定系クラッシャーがいると、議論が堂々巡りになったり、グループの雰囲気が悪くなったりします。

否定系クラッシャー対策にしないといけないことは、大きく分けて、1.結論をだすための準備、2.グループの雰囲気を調整する、ことの2点です。そのためには、議論が本格化する前に下準備をし、議論中にその軌道修正や、調整をすることが必要です。具体的に見ていきましょう。

最低限すべき対策

否定系クラッシャーがいる場合、その意見をとりいれすぎるがあまり、議論が堂々巡りになったり、進むべきところを進めなくなる可能性があります。グループディスカッションで避けたいのは、「結論がでないこと」なので、結論を出すための対策は、必ずしておきましょう。

1.議論の軸をつくる

議論の軸とは、「与えられたテーマをどの切り口で考えるか」というもので、議論の初めに決めます。議論の軸をつくっていると、会話がずれそうになったときに、軌道修正をすることができます。これは、クラッシャー対策だけでなく、会話のズレが起こりそうになったときに有効です。(※クラッシャーの有無にかかわらず、軸決めは必須です)

ちなみに…
議論の軸とは、最初に与えられたお題に対して、どのような視点で考えるか、というものです。グループディスカッションやグループワークでは、議論の軸をベースに話し合うことになります。議論の軸に正解はありませんが、軸によっては、考えやすいものや、話題が膨らみにくいものがあるので、重要なものとなります。

例:テーマ『理想の社会人について』議論の軸『成果を出すという点で、理想の社会人を考える』

 会話シュミレーション

そもそも、○○○という話に偏っていることが問題だと思うんですが
○○さんの言うとおりなんですけど、一応最初に○○○を軸に決めちゃっているので、そこをぶらしたら最初から考えすことになって…時間的に厳しいかもしれません

2.タイムスケジュールをきめる

タイムスケジュールとは、『どういう時間配分で議論をすすめていくか』を示す予定表のことで、議論の初めに決めます。タイムスケジュールをきちんと決めておくと、時間を理由に、議論を進めやすくなります。(※クラッシャーの有無にかかわらず、タイムスケジュール決めは必須です)

 会話シュミレーション

 
今まで出た意見全部に言えることだと思うんですが、それって現実的にできるんですか?
確かにもう少し深めないとといけないんですが…この時間までに○○について決めておかないと、結論を出すことが難しそうなので、一旦この方向性で勧めたほうがいいんじゃないかなぁって…

 

3.具体的な代替案をきく

癖で口調が強かったり、否定語からはいってしまう人もいます。一見否定系クラッシャーに見えますが、ちゃんとした意見や考えをもっていることが多々あります。すぐに『否定系クラッシャーかぁ…』と思わずに、『その否定が、何を意味するのか』をきちんと確認するようにしましょう。

 会話シュミレーション例

うーん、けど、○○さんの意見って、○○の視点できついと思うんですよね
その辺りをあまり考えられていませんでした。例えば、△△さんだったら、どうしたらいいと思いますか?
自分のためにも、グループのためにも、冷静で物腰やわらかな言い方を心がけましょう。声のトーンを変えたり、ゆっくり喋ったり、枕詞をつかうだけで印象は和らぎます。

+aでする対策

否定系クラッシャーがいると、グループ内で険悪な雰囲気がひろがって、ベストな状態で議論が進まなくなります。余裕がある人は、雰囲気作りをサポートして、グループの雰囲気を良くしてみましょう。

1.周りの人に話題をふる

「どうせ意見をいっても・・・」「間違っているっていわれたら恥ずかしいな」という考えがうまれて、積極的に発言してくれる人が少なくなります。グループディスカッションの目的は、たくさんの人と意見を交わすことで、よりよい結論をだすことです。メンバーが意見をいいやすいような発言をしてみましょう。まずは、Yes/Noで答えられる質問をしたり、比較的発言しやすそうな人に話題をふるのがオススメです。

 声のかけ方、例えば…

・○○さんは、どちらの意見のほうが良さそうですか?
・そういえば、自己紹介のとき○○さんは○○学部出身といっていましたけど、そういう目線でみると、これってどう思いますか?

2.否定系クラッシャーと相性の悪い人のサポートをする

気が強い人の場合、言い合いになって嫌悪なムードになる場合がありますし、発言力が弱い人の場合、萎縮してしまうこともあります。言い争いになる前に仲介する、発言力の弱い人には答えやすいような問いかけをして、サポートしましょう。

最悪なのは、シリアルモード全開で指摘をして、ますます険悪なムードが流れることです。どちらかに肩入れすることもなく、自然な流れで仲介をしましょう。

  Sumarry of content

・必ず、結論をだすための準備をする
・余裕があれば、グループの雰囲気づくりをする

complete!TOPページへ

 

-踏み込んだこと

Copyright© az-shukatsu , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.