その他

【twitterにはご注意を】SNS時代に就活を安全に乗り切る方法

2019/02/04

 

クソ面接官め…ネットの恐ろしさを教えてやる!えーと『■■企業の丸めがねの面接官はゴミ、まじ圧迫』…っと」
百害あって一利なしとはまさにこのことだね…自分で自分の首をしめてるよ

就活をしていると、「人事はtwitterを見てる」「SNS関連で内定取り消しがあるらしい」という話を聞くこともありますね。今回は、twitter利用の危険性と、その対策について解説します。

こんな人は読んでみて

twitterは続けたいけど、就活中にやるとまずいって話を聞くんだよなぁ…どういう風に注意すればいいんだろう?
このページの内容
 twitter利用の危険性
 利用するうえで、気をつけること
 ツイートの削除の仕方

twitterの落とし穴

日本でのtwitter月間アクティブユーザー数は約4500万人。リアルでは言えないことや会えない人と触れあえるツールですが、使い方次第では毒になります。就活関連でのtwitter炎上事件を見てみましょう。

 過去のSNS炎上事件

・強姦擁護ツイート事件
→某百貨店の内定者(自称)が強姦事件を擁護するようなツイートをする、某百貨店が対応する事態に

・飲み会コール事件
→某大学の女性が、飲み会で品を欠くコールをする動画をインスタに投稿、内定取り消しとの情報が出る

世間的にドン引きされるような発言を『ネットだから』『本名でやってないし…』と軽々しくツイートするのはやめておきましょう。

就活中にtwitterはやめるべきか

twitterそのものはなんら悪いものでもありません。逆に、就活に疲れて精神的にまいってしまいそうな時に、同じ境遇の人と話すことで少し安心する…というパターンも少なくありません(就活アカウントの人たちを見れば、よくわかると思います)。


サイコー
『リアルでは弱音を吐けないし、友達には相談しにくい…だけどtwitterになら書き込んでストレス発散できる!』というパターンですね。息抜きのためにも良いことだと思います。

要は、『どのようにtwitterを使うか』という、使う人間のモラルの問題です。

注意すべきこと

個人を特例できる内容をかかない

 個人に関すること
・大学名や名前(大学名の略称もNG、調べればわかる)
・趣味やサークル情報
・顔写真

 就活に関すること
・面接の情報(面接にいった企業や時間)
・選考を受けている企業の情報

断片的な情報でも、つなぎ合わせれば個人の特定をすることができます。例えば、もし特定の企業の面接を批判しているアカウントがあった場合、フォローされている人や過去の投稿から、個人を特定することもできます。

モラルを欠いた発言

 日常生活に関すること
・問題があると思われそうな行動(過度な飲酒など)
・過激発言(差別発言や、過激な批判)

 就活に関すること
・企業批判
・人事批判


サイコー
人材系のインターンにいったときに、就活生のSNSをよく見ているとの話を聞きました。こういうツイートを見られたら一巻の終わりです。

心当たりがあったときの対策

人に見られて困ることを書かないことが一番ですが、心当たりがある場合はすぐに削除しましょう。

おすすめの削除ツール

ツイートの一括削除ツール!』がおすすめです。一括削除もできますし、条件をつけて削除をすることもできます。(使用は自己責任でお願いします。)

このツールでできること
 一括削除
 画像ありツイートを削除
 特定の文字を含むツイートを削除
 リツイート数指定で削除
 お気に入り数指定で削除
 日数指定で削除

アカウント削除という手も

twitterのアカウントを削除しても、30日以内に最ログインをすれば、アカウントを復活させることができます(H31,2月時点)。過去のツイートやフォロー、フォロワー数なども、そのまま引き継ぐことができます。

そもそもネットにそんなこと書かなくても…というのが前提ですが、人間だしそういうこともあります。身に覚えのある方は早めの対処を。

  Sumarry of content

・些細なことでも、個人情報はかかない
・問題のあるツイートをしていたら、即削除

complete!TOPページへ

-その他

Copyright© az-shukatsu , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.